デジタル一眼レフ「CANON EOS 80D」を導入しました

九州南部を中心としたこの大雨によって、被災をされた皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
ここ掛川においても早朝からの大雨で自宅前の小さな河川の水位がだいぶ上昇していましたが、少しずつ落ち着いてきたようです。

スターズデザイン的にも、熊本県や大分県にクライアントがいらっしゃるので、他人事ではありません。通販という仕事は出荷してナンボな商売なので、しばらくは交通網の乱れなどによる影響があるかと思います。しっかりサポートしていきたいと思います。

新しい仲間がやってきた

さて話は変わりますが、第三期からスターズデザインに新しい仲間が加わることになりました!

…といっても、スタッフの話ではありません。新しい仲間、それは『New Camera』。仕事用に使う新しいカメラが届いたのです。

今回導入したカメラは『CANON EOS 80D』、キャノンのデジタル一眼レフカメラのラインナップでいうと、ちょうど中級機にあたる機種です。この80Dに、レンズ『EF-S18-135 IS USM』をセットで購入しました。



↑これです。

スターズデザインのカメラたち

これまではデジタル一眼のエントリーモデル『CANON EOS Kiss X3』と、yagiの私物ミラーレス一眼『OLYMPUS PEN lite』を仕事用に使ってきましたが、いかんせん仕事でバリバリ使うことには不足を感じていました(入門機種は操作が簡単でお手軽な反面、機体性能は高くないので「素早く・上手く」撮るのが、なかなか難しい)。

本格的な商品撮影やイメージ撮影ともなれば、いつもお世話になっているフォトグラファーさんがいるのですが、もう少し日常的にスマートな写真を撮りたいよね。ということで、1年前に導入したのがコンパクトカメラの『SONY Cyber-shot RX100 M5』。

超速AFと連射能力をもったSONY Cyber-shot RX100 M5は、日常のスナップ撮影なら超優秀。持ち運び便利なうえに4K動画まで撮れるため、取材案件を中心に大活躍しています。

【参考】RX100 M5の撮影事例(外部サイトが開きます)
「テキスタイルの製造現場を訪ねて – 遠州浜松、とある染工場から聞こえるブランドの産声。」

上の事例のような、近距離撮影&暗所を中心に威力を発揮します。しかし電池の消耗が早い、望遠撮影に弱いといった弱点もありました。

EOS 80Dで撮ってみた

そこで、今年あらたに仲間に加えたのが『CANON EOS 80D』です。

とりあえず試し撮りしてみましたが、すごく賢くて使いやすいです。本体が高性能なのはもちろん、キットレンズが凄いという説もありますね。



うーん、まだまだ奥が深そう。カメラ弄りは楽しいです!

2019.07.04

©2019 Starsdesign Co.,LTD.