法人だって寄付したい

アメリカの億万長者の投資家が
400人の奨学金の返済を
全額肩代わりしたとか
そんなニュースを見ました。

素晴らしい慈善行為だと
絶賛する人々もいれば、
投資家のパフォーマンスだと
こき下ろす人もいます。

まぁ、たしかに
毎年一定額の支援ではなく
この年の卒業生だけがハッピーな
宝くじみたいな感覚なので
もうちょっとほかに
やり方はあるんじゃないの?

…と思いますけど
でもやっぱり、
素晴らしい行いだと思います。

この投資家の信仰は知りませんが
クリスチャンだとすれば
「与えよ、さらば与えられん」
この教えが影響しているでしょう。

アメリカの場合、
寄付税制が整備されているので
投資家側のメリットも大きいはず。
社会貢献しながら、節税できるのです。

日本では、寄付行為が
あまり活発ではありません。
それは寄付税制が未発達だから。

国民として、
なんだか寂しいですよね。


個人的には、法人の寄付制度が
もっと発達するといいなーと思います。

当月の売上から数%、寄付金として拠出する。
寄付先は従業員がみんなで決める、みたいな。
寄付型クラウドファウンディングなど
みんなでにらめっこしたりして・・。

仕事のモチベーション、
あがると思うんだけどなぁ。

でも、現実は違います。
全額損金算入できるのは
一部の指定寄付金だけ。

これでは寄付が身近に感じませんね。
世の中を変える意識も、養われません。

なんとかならんかねぇ。

2019.05.21

©2018 Starsdesign Co.,LTD.