新しいファッションECモール『RyuRyuMall』は成功できるのか

この記事を書いた人

今日はスタバに籠って作業です。スタバではドリップコーヒーかスターバックスラテしか飲まない派です。甘いのあんまり得意じゃないので…。

さて。今日はEC業界のニュースについて書こうと思います。

RyuRyuMallってなんだ?

カタログ通販のベルーナがECモール事業に参入するというニュースがありました。

ベルーナは6月4日、ファッションECモール「RyuRyu mall(リュリュモール)」を6月17日にオープンすると発表した。20代から30代の大人の女性向けファッションを手がける40ショップが出店。カジュアルからフォーマルまで、サイズ展開も幅広く取り扱う。

引用: ベルーナがファッションECモールを本格スタート、「オシャレウォーカー」「神戸レタス」「夢展望」などが出店 | ネットショップ担当者フォーラム

モールの名前はRyuRyuMallとのことです。

ビジネスモデル的にはzozoのレディースアパレル版といった感じですが、出店するのはオシャレウォーカー、神戸レタス、夢展望といった、いわゆるネットを中心に成長してきたプチプラ通販サイトが中心になる模様。

大手アパレルや有名セレクトショップが集うzozoとのポジショニングの違いは明確ですね。

ライバルはイオンモール?

先にあげた3つのショップの顔ぶれをみる限り、RyuRyuMallに集まる客層は、ファッションは「モノの質よりトレンド重視」と考え、衣類を消耗品と割りきれる人たちです。

ライバルとなるブランドは、h&mやGU、earth music&ecology、Globalwork、ZARAあたりでしょう。

…ということは、RyuRyuMallの直接競合はzozoではなく『イオンモール』になるかもしれませんね。(楽天と言う見方もありますが…)

商業界の巨人との真っ向勝負は、さすがに分が悪いでしょう。

RyuRyuMallが成功するためには、もう少しばかり市場を絞りこむこと。そしてイオンモールにはなくてRyuRyuMallにはある強みを発見し、尖らせていく必要がありそうです。

ところで、オシャレウォーカーも、神戸レタスも、夢展望も、いずれも楽天やzozoに出店しているショップですので、さらに店舗数を拡大していくことになります。

ちなみにオシャレウォーカーの場合、①本店 ②楽天 ③Yahoo!ショッピング ④Wowma! ⑤Q10 ⑥zozo ⑦shoplist。そして、⑧RyuRyuMall。これに実店舗を加えると9店舗です。

多店舗運営のノウハウや通販基幹システムがあったとしても、これだけ店舗数が拡がるとなると、スタッフさんの負担も相当なものだと思います。

いや、もしかしたら魔法のようなシステムがあるのかもしれませんね。いちど運用を覗いてみたいものです。

2019.06.09

©2018 Starsdesign Co.,LTD.