商品撮影を侮るべからず、リターンズ

この記事を書いた人

インターン期間も無事に終え、ゆったりと週末を過ごせる…かと思いきや、僕には宿題が残っていました。それは「商品撮影(ブツ撮り)」です。

先週末に敢行した商品撮影が、なんだかとても残念なカンジになってしまったので、今週末を利用して再チャレンジすることにしました。

前回の反省を生かし、ストロボなどの撮影機材一式をしっかり準備し、アシスタントも1名(yagi)参加してもらいました。これならエセフォトグラファーな僕にだって死角はありません(笑)

そもそもyagiは普段の業務でも撮影ディレクションにも携わっているので、最初から彼女の力を借りるべきでした。休日にも関わらず快く参加してくれた彼女には感謝です。

おかげさまで、夕方には全ての写真を撮り終えることができました。気になる品質面についても「これならは商品の魅力が消費者に伝わるはず」と思えるクオリティまで達することができました。

やっぱり餅は餅屋

そんなわけで、失敗を糧に僕の撮影スキルも上がっていると思うのですが、それでもやはり、餅は餅屋に任せるべきだったと思うのです。コストカットばかり考えて僕のような半人前がカメラを構えると、仮にうまく撮影できたとしても、結局「コスト高」になってしまいます。せめて最初からyagiの力を借りるべきでした…。

デザインも同じです。

「自分たちでも更新できるような、ECサイトを制作してほしい」「トップページだけデザインしてほしい。他のページは見よう見まねでやってみるので。」このような相談を受けることが多いのですが、みなさんが思うほど、サイトのデザイン・更新というのは大変な作業です。僕が商品撮影で犯した失敗のように、膨大な時間をかけながら何も手に入らない(あるいはサイトを壊してしまう)可能性もあるのです。

ECサイトを成功させたいのであれば、餅は餅屋に任せませしょう。EC担当者の仕事は「デザインすること」ではなく「顧客とコミュニケーションをはかること」です。それでもなかなか理解されないのは、デザインという仕事の魅力ゆえでしょうか。なんとも悩ましいところです。

2019.08.03

©2019 Starsdesign Co.,LTD.