【共感ブランディングラボ】架空ECサイトのブランディング体験 vol.1-1

共感ブランディングラボ担当の西森です。
このラボでは、いま注目されている『共感されるブランドづくり』について、架空のECサイトの立ち上げを通じて研究していきます。

Vol.1 はじめに

ブランディングとは?

ブランディングは、ひとつの企業やサービスをめぐって、企業の「こう思われたい」と、消費者の「こう思う」を一致させること。

ブランディングがうまくいけば、消費者のなかで『特定のニーズ』が発生したときに、その企業やサービスを「識別」するようになります(=ブランド化する)。 ブランド化すれば、その後のビジネスにとても有益であることは間違いありません。

ブランドといえば「ルイ・ヴィトン」や「シャネル」のような高級ブランドを思い浮かべがちですが、町の小さなお店でも、消費者にとってブランドになる可能性をもっています。

たとえば私は「コーヒーがのみたい』と思えば「セブンカフェ(セブンイレブンのコーヒー)」を必ず選びます。理由はうまく言えませんが、セブンカフェは私のこころのなかでブランドになっています。

ブランディングの進め方

このラボでは、一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会が提唱する、ブランド構築の8ステップを使ってブランディングを進めます。

ブランド構築の8ステップ
  1. 環境分析による市場機会の発見
  2. 市場細分化
  3. 見込み客の選定
  4. 独自性の発見
  5. ブランド・アイデンティティ
  6. 具体化
  7. 刺激の設計
  8. 目標設定

この8つのステップを通じて『ブランド・ステートメント(ブランドの設計図)』を完成させることがゴールですが、さらに(会社からお金を出してもらって)サンプル製造までチャレンジしてみたいと思います(笑)

next:【共感ブランディングラボ】架空ECサイトのブランディング体験 vol.1

2019.07.17

©2018 Starsdesign Co.,LTD.