STORY 01ブランディング

有限会社丸玉園 様(EC事業者/日本茶/静岡県)

若者のお茶離れに問題意識をもっていた丸玉園は、お茶のある生活への回帰を目指して日々奮闘しています。私たちは、そんな彼らが提供する日本茶の新ブランド「SANOWA」のブランディングとクリエイティブを全面的に支援しています。

若い世代にも、美味しいお茶を。
新世代の茶匠による挑戦。

港町焼津で古くから愛されている茶舗「丸玉園」の増田代表から、ブランディングの相談を受けたのは2018年の春のことでした。
それから約半年。私たちの手ほどきのもと、丸玉園は「ブランドの設計図」ともいうべきブランドステートメントを完成させました。

有限会社丸玉園様 SANOWA

有限会社丸玉園様 SANOWA

PROLOGUE

ブランドステートメント、
それは成功への道しるべ。

「若い世代のお茶離れは深刻で、急須で淹れたお茶を飲もうとしません。」「そこで、新ブランド『SANOWA』を立ち上げ、気鋭の若手生産者を紹介したり、オシャレな茶器を陳列することで、若い世代にも茶葉を買ってもらおうと思っています。どう思いますか?」

私たちは、丸玉園・増田代表の言葉に耳を傾けつつ、心の中で(若い世代がお茶を淹れない理由と、その裏に隠されたニーズに目が向いていない…)と感じていました。

どれだけ美味しくても、どれだけオシャレでも、ニーズが存在しなければ誰も振り向きません。
このプランを成功させるには、あまりにも根拠が足りない。そんな私たちの意見を聞いた増田代表は、ブランドの方向性を見直すことを決意。私たちと『ブランドステートメント』を作ることになったのです。

有限会社丸玉園様 SANOWA

ファシリテーターの導きでステートメント作成の山場を越える。

ブランドステートメントの作成は、ブランドマネージャー認定協会1級資格を有する弊社スタッフをファシリテーター役に進めていきます。環境分析により市場機会の仮説を立て、市場細分化・見込客・差別化要素を考えていきます。丸玉園の若いスタッフたちが議論を重ねること数日。ついに「私たちは、こう思われたい!」を表す、ブランドアイデンティティ(B.I)の設計まで到達することができました。このB.I設計こそ、ステートメント作成の最大の山場です。

有限会社丸玉園様 SANOWA

EPILOGUE

インナーブランディング効果でスタッフの意識も劇的に変化。

SANOWAのB.I「手軽さ・美味しさ・おしゃれさを兼ね備えた、忙しさに悩む30代主婦のための日本茶ブランド」は、すべてのスタッフの共通意識になりました。B.Iは顧客がブランドに接触するシーン(ロゴ、ウェブサイト、商品、接客など)を考えるための礎となります。「ブランドステートメント作成の体験は、私たちの財産です!」ブランドへの想いが書き綴られたワークブックを手に、嬉しそうに語るスタッフの皆様の顔が印象的でした。

©2019 Starsdesign Co.,LTD.