Interview

マーケティングを学んでデザインへの意識が変わりました

2018年度入社西森 倭茄

01question

どんな仕事をしていますか?また、入社して身についたスキルはありますか?
どんな仕事をしていますか?また、入社して身についたスキルはありますか?

ECサイト(ネットショップ)のバナー制作や、商品ページの制作・更新を主に行っています。簡単なHTMLコーディングもしています。

入社して数ヶ月間の研修期間には、業務に必要な知識として「そもそもECとは何か?」という基礎から勉強をしました。
商品を買う人はどんな人なのか?どんな悩みを持っているのか?これは商材によって年代や趣味趣向も様々です。
モノを売るためのデザインを理解をするための訓練として、自分で架空の商品を考えて、その商品に対するマーケティングやブランディングをしました。

学生時代には、自分の作るデザインに対して”そのデザインを見る人”や”デザインを通じてその人に何を感じてもらうか”を想像せずに好きなものを作っていましたが、研修や業務を通じて、ターゲットやユーザーに沿ったデザインのコンセプトを考えることが少しずつできるようになりました。
マーケティングの勉強をしたことで、デザインに対する意識に大きな違いを感じています。

02question

スターズデザインに就職した決め手は?
スターズデザインに入社したいと思った決め手は何ですか?

学生時代、修了制作で近所にある和菓子屋さんを題材に、架空のwebサイトをデザインしました。
それに社長が興味を持ってくれて、インターンに呼んでもらったことがスターズデザインを知ったきっかけです。

ただ、修了制作で作ったのは画面上のデザインだけだったので、当時はECの知識はおろか、HTMLコーディングも全くできませんでした。
インターンでは、コーディングについて簡単なところから教えてもらい、苦手意識が薄まりました。得意なイラストも描かせてもらって、実際にお客様に採用してもらうこともできました。

スターズデザインはwebデザインをメインにしつつ、DTPデザインや商品撮影なども行っているため、幅の広さに魅力を感じて入社を決めました。
まだまだ勉強することは多いと感じつつも、自分でも確実に成長できていると感じています。たくさんの経験を積み、よりお客様に喜んでいただけるよう頑張ります。

03question

「女性向けのデザイン」について思うこと、実践していることはありますか?
スターズデザインでは女性をターゲットにしたECサイトの制作を行っていますが、「女性向けのデザイン」について思うこと、実践していることはありますか?

女性向けのデザインに対して最初に感じた”壁”は、装飾の多さです。
イラストを入れたり、アナログ的な要素を入れたりと、雑誌のようなデザインの要素を入れつつ、でも読みやすくする。
特に見出しやタイトルのデザインは毎回戦いでした。オフィスにある女性ファッション誌を見て、とにかく片っ端から試していくような感じでした。

今までは映画と漫画に埋め尽くされた休日を過ごしていましたが、最近では女性が好みそうなものをよく見るようになりましたね。普段は入らないような雑貨屋、アパレルショップや、雑誌コーナーに立ち寄ることが増え、おしゃれなカフェに行くこともあります。

遊んでいるつもりが、デザインのヒントを発見したりすることができるので、女性の生活は新しいもので溢れているなあと感じます。
もっといい発見ができるよう、ジワジワと視野を広げていきたいです。

04question

いま興味のあること・熱中していることは?
いま興味のあること・熱中していることは?

実はここ1~2年の間、とある海外俳優さんにはまっています。
楽しみにしていた出演映画が県内で放映されないと知ったときは、意を決し初めて一人で東京まで観に行きました。
それをきっかけに、「自分って意外とひとりでもなんとか出来るんだ」と思えるようになりました。今は海外旅行や英会話に憧れています。

好きなことや目標が先にあると、”いま”を頑張ることができて、やりたいことが次から次に出てきます。
仕事に関してもゴールを見つけると、目の前のことへのモチベーションが持てるので、何よりも楽しむことを大事にしたいと思っています。
できないことの方が多く、落ち込むことも多々ありますが、楽しみながらがんばりたいです!

05question

学生のうちにやっておくべきだと思うことは?
学生のうちにやっておくべきだと思うことは?

出かけた時や通学中、校内などで人間観察をしてみるといいかもしれません。
例えば買い物をしている時なら「あの人はあの商品をなぜ買うのか」を観察・分析して、人によって異なる趣味趣向や行動のデータ収集をするのは意外と仕事の役に立ちます。
老若男女問わず色んな人を観察しておけば、クライアントによって変わるターゲットに合わせて行動や思考を想像しやすくなるので、デザインも迷いにくく素直に作れると思います。
(単純に人間観察って楽しいのでおすすめですよ!)

もうひとつ、今も私は改善中なのですが、あまり引きこもらないで外に出ることですね。
もちろんデザインにも流行があるので、学生のうちにたくさん外に出て周りにある新しいモノやコトを察知する癖をつけておくと良いと思います。

06question

3年後にあなたはどうなっていたいと思いますか?
3年後、あなたはどんなデザイナーになっていたいと思いますか?

構成からデザイン、コーディングを一貫してできるデザイナーになっていたいです。
特にデザイン面では、(今は粗が目立っているので)今後は細かいところにも気を使って洗練されたデザインが作れるようになるのが目標です。
そのためには、とにかく良いデザインを見て自分が作ったものと何が違うのか、表現手法を学ぶことが必要不可欠だと思っています。

最近の私の課題は、撮影技術の向上です。
カメラ(撮影)への苦手意識があったのですが、出来ないからこそ、ひとつひとつ分かることが増えると嬉しくなります。
学生時代に写真専攻だった友人にカメラに関するクイズを出してもらい、楽しみながら勉強しています。

自分の理想像を追って出来ることを増やすことはもちろん、デザインや撮影に対して質の向上を目指していきたいです。

©2019 Starsdesign Co.,LTD.